東大和市の見どころ

*戦災遺跡 旧日立航空機株式会社変電所

 この戦災変電所は1945年(昭和20年)頃は日立航空機の立川工場の変電所として使用されておりましたが、爆撃機のエンジンの製造工場ということもあり、1945年2月から3回にわたり戦艦機グラマンほかB29爆撃機等の爆撃により、工場の従業員、動員学生、周辺住民合わせて111名の戦死者が出るなど、57万坪の工場はほぼ壊滅いたしました。

 特に2月17日の初空襲時のグラマン50機による爆撃では、機銃掃射などで78名の尊い命が犠牲になりました。また4月24日の3回目にはB29爆撃機101機で空が覆われ、1800発余りの爆弾が投下され、この時の爆撃で工場は壊滅したようです。これにより関東地方の航空機の関連工場のすべてが壊滅いたしました。このアメリカ軍による大きな攻撃でも、工場のほとんどが破壊されるなかで奇跡的に爆弾の直撃を受けずに残ったのがこの変電所です。もちろん窓枠や扉などは爆風で吹っ飛び、壁面には爆弾の破片による無数のクレーター状の穴が今でも見ることができます。

 この変電所はその後再建された平和産業の工場に、外壁に刻まれた生々しい爆撃の傷跡をそのままの状態で平成5年まで電気をお送り続けました。無数の弾痕がある外壁は、当時の攻撃のすさまじさを教えてくれるとともに、戦争の怖さや悲惨さを垣間見ることができます。

 (重要性)・軍需工場として昭和13年建設当時のもの・被弾の跡がそのままの残っている・内部の変電設備も当時のもの

 この全国的にも極めて貴重な戦災変電所を、東大和市の指定文化財として永久に保存するとともに、戦争の悲惨さを後世に伝え、世界の恒久平和を訴えてまいります。

 是非、戦争の空襲により多くの尊い命が犠牲になったことを、誰よりも雄弁に物語ってくれるこの変電所直接見ていただくとともに、平和の尊さや素晴らしさを感じていただければ幸いです。

    場所:都立東大和南公園内(西武線・多摩モノレールの玉川上水駅より5分)

(変電所の保存等のために、心と心、平和への熱い想いを「ふるさと納税」にご協力をお願いします)<東大和市>